FAQよくあるご質問

タオル実績ページ」から

「刺繍柄or加工種別をお選びください」→「その他(比較他)」→「その他(比較他)」を押して頂くと各種比較画像をご覧頂けます。

タオル実績ページ」から

「刺繍柄or加工種別をお選びください」→「その他(比較他)」→「その他(比較他)」を押して頂くと各種比較画像をご覧頂けます。

ガーゼハンカチ(L)<54匁>
パイルハンカチ(L)<64匁>

リッチパイルハンカチ(L)<73匁>
パールホワイト パイルハンカチ(L)<76匁>

*匁とはタオルの重さ(厚さ)の単位となります。

タオル実績ページ」から

「刺繍柄or加工種別をお選びください」→「その他(比較他)」→「その他(比較他)」を押して頂くと各種比較画像をご覧頂けます。

パイルハンカチ(Mサイズ)→ 20cm角
パイルハンカチ(Lサイズ) → 25cm角
ガーゼ&パイルハンカチ(Lサイズ) → 25cm角
ウォッシュタオル(ガーゼ)→ 34×40cm
ウォッシュタオル(メール/ペール)→ 34×35cm

当社で製作した刺繍見本集やワッペンサンプルを資料と一緒に発送しております。
また、ご注文後(本生産前)に先出し確認用サンプルの発送もできます。

刺繍の品質は製作会社(刺繍加工会社)により品質がかなり異なります。ぜひ、当社サイトの実績ページ及び資料請求で同封させて頂く無料刺繍サンプル集で当社の刺繍品質をご確認頂ければと思います。

 

 

メール添付にてデザインデータ(AIデータ<CS5以下>やPDFデータ・jpgデータ等)をお送りください。
ご不明の点があれば、お気軽にお尋ねください。

ご郵送/FAXでも受け付けております。

もちろん可能です。以下の方法でご確認頂けます。

・メールでの写真添付(無料)
・刺繍部分を切り取って送る(¥1,100税込)※ワッペンの場合は別途ワッペン代
・量産時と同様に本生産商品を利用して1枚作成して送る(¥2,200税込+商品代)

工場の込み具合や枚数により前後いたしますが、通常納期は刺繍版(サンプル)確認後、約2週間です。

詳しくは「ご注文~製作の流れ」をご確認下さい。

 

可能です。同価格にて承ります!!

はい。1枚毎のPP袋入れ込みです。別途料金にて今治マーク付きギフトボックス入れや熨斗紙等の梱包をすることもできます。

はい。2配色まで同価格です!!
<例> 白地→黒糸/黒地→白糸

はい。サンプルをお貸し出ししております。

ご要望のタオル種類をご連絡下さい。

100枚以上から承っております。

タオルの場合には生地がパイル生地になりますので、お勧めは1cm角以上で太めな方がより綺麗に表現できます。

プリントが可能なタオルをご案内致します。

詳しくは営業担当へお問い合わせください。

はい。ご採用頂いた刺繍版は半永久的に保管致します!!

基本的にはご入稿デザインを確認し、弊社で選定しております。

Dic color (ディックカラー)・Pantone(パントーン)で番号をご指定頂ければ、

近似色にて刺繍致します。

もしくは糸見本帳をお送りしてご確認頂くことも可能です。(要ご返却)

はい。約750色からお選び頂けます!!

1つのデザインに最大で12色まで使用することができます。

可能です。追加料金にて対応となります。(最大12色)
条件を詳しくお聞きしてからのお見積りとなりますので、お気軽にお問い合わせください。

可能です。追加料金にて対応となります。
条件を詳しくお聞きしてからのお見積りとなりますので、お気軽にお問い合わせください。

刺繍フォント(有り文字)をご利用頂く事により、刺繍版代の必要がございません。
個人名ネーム刺繍やオリジナルフォントではない文字をご利用の場合には(有り文字)刺繍フォントよりお好きな書体をお選び下さい。

可能です。

別途料金にて承ります。(枚数等により変動)

 

ウェア → 袖口・後襟下等

タオル → 上下・左右当

キャップ → 正面・側面等

別途料金について詳細はお問い合わせ下さい。

 

はい。可能です。

追加製作最低枚数は商品により異なります。

刺繍版は半永久的に保存しておりますので、お気軽にご連絡ください。

しっかりした手書き原稿であれば入稿可能です。デザインに曖昧な部分などがあるとご指示いただくこともありますので、予めご了承下さい。ご郵送/FAXにて受け付けております。

やはり高級感があるという所が最大のメリットだと思います。
また、プリントよりも耐久性に優れており、剥がれたりすることがなく使用感が出てきても味が出てくるというところが優れている点です。

大柄の場合にはプリント(シルク)の方がお安く作れる事や小さな文字(3mm以下英文字)やグラデーションが出難い事が挙げられます。

はい。2010年より受付を開始致しました。

* ワッペンを除く

糸を使いますので、立体的に仕上がり輝きもでます。商品に高級感を持たせる場合に、多くご採用頂いています。

刺繍の場合には糸を使っての表現になりますので、小さな文字(英数3mm以下)や細やかなグラデーションには限界があります。
刺繍できる素材は基本的に生地となります。
また刺繍の場合、使用する色の指定は刺繍糸色帳(カラーサンプル)からの指定となります。
PANTONE・DIC(印刷カラー)と全く同じ色合いは刺繍ではでません。